RCヘリコプター、ドローン(マルチコプター)空撮業務
経験豊富なスタッフがあらゆるシーンに対応、スカイビュー撮影を低価格で実現!

撮影内容について 撮影技術のご紹介 撮影実績のご紹介 機体・パーツの購入はこちらから

TV・CM・ミュージックビデオ 《Full HD対応》

時速100Kmの高速で移動する被写体を自由なアングルで撮影、ラジコン空撮ならではのダイナミックな映像を得ることも可能です。 従来の人・セスナ・高所作業車・パラグライダーなどの撮影手段をこえる新感覚的な映像をご提供いたします。
ハイアングル&ハイスピードの空撮業務はRC AIRFRAMEへお任せ下さい。

文化財撮影

大きな建造物を様々な角度からデジタルアーカイブとし研究用資料として、または遺跡など発掘の進行状況や劣化具合の状況調査としてもコストや運用の容易さからも他の撮影方法に比べると有利です。遺跡や城石、住居跡などが入り組んだ地形にある場合でも、ラジコン空撮なら簡単に空からの垂直撮影が可能です。また、機動性にすぐれているため、文化財の記録・調査の撮影時間などに制限がある場合でも、その能力を発揮します。


景観撮影

ラジコン空撮による高度撮影はダイナミックでスケール感のある空撮映像や写真をお手軽に撮影することが可能です。また、1m単位での高度表示も可能なので、建築前のマンションからの眺望を撮影してプレゼンテーション資料にしたり、施設や公園などのマップづくりや景観を活かしたポスター画像などにも役立ちます。

環境調査撮影

ラジコン空撮での垂直撮影は河川環境などの撮影にも効果を発揮します。各種機体の使用により、高高度はもちろんのこと、低高度撮影も可能ですので、高高度で良くあるガスがかかった様な写真が非常に少なく、鮮明な空撮写真がご提供可能です。定期的な調査、環境調査などローコストな空撮にもラジコンヘリコプターは有利です。


構造物撮影

河川構造物などの巨大な構造物の全体撮影や調査にもラジコン空撮ならばローコストでの撮影が可能です。ラジコン空撮ならではの機動性で高々度からの全体撮影や構造物に接近しての撮影。また実機のへリコプターやモーターパラグライダー、セスナ機では不可能な入り組んだ地形や樹木がある場所でもラジコン空撮でしたら撮影が可能です。

防災点検/災害状況撮影

防災点検や災害状況の撮影は、崖や海岸線など全体図を撮影するのが困難な場所にある場合があります。ラジコン空撮はそのような場所でも、安全に様々な角度から全体や任意の部分に近づいた詳細写真を撮影することが可能です。また人が近づくのが危険な場所でも無人ならば安全に撮影が行えます。また、GPSチップ搭載により位置や時間、高度などの情報も表示することが可能です。これにより、さらに詳細な調査結果を得ることが出来ます。


各種調査撮影

ラジコン空撮による撮影は様々なシーンで調査の精度を高めます。市町村・自治体による都市計画資料空撮や各種建築工事の進捗状況や着工前後の空撮などにも適しています。
Copyright (C) 2011 RC-AIRFRAME All Rights Reserved